NEWS

【ワンちゃんの歯磨きイベント】 10/21(木) 残席1組 お気軽にご参加下さい!
046-845-6232 sakurayama.saryo@gmail.com
COLUMN

アンチエイジング

活性酸素が老化を早める!
~がん、シワ、しみ、動脈硬化など
活性酸素とは?
 呼吸により、体内に入った一部の酸素は、化学反応により『活性酸素』になります。
活性酸素は、細菌などを排除する作用があり、人体に必要なものですが、
 喫煙、紫外線、食品添加物、食べ過ぎ、飲みすぎ、ストレス、加齢などにより活性酸素が過剰に発生してしまうと、肌、血管、心臓など、体のいたるところを酸化し、正常な細胞を傷つけ、 がん、シワ、しみ、糖尿病、動脈硬化など、身体を錆びつかせ、老化を早めてしまうのです。

※「酸化」…物質と酸素が結びつき、サビ、腐敗などを招きます。

老化スピードを緩やかにするには?
 体内で増えた活性酸素を除去していくことが、老化や、がん、生活習慣病などの予防・改善へと繋がります。
 活性酸素による酸化を抑えることを、『抗酸化』と言います。
抗酸化作用
 抗酸化とは、体の中を錆びつかせないよう、酸化を抑える事ですが、
活性酸素は体内の「酵素」によって分解されます。
 しかし活性酸素の生成量が多いと、酵素だけでは無毒化が間に合わず、ダメージを受けてしまいます。
 そのため処理しきれなかった活性酸素は体内に溜まり、より毒性の強いものへと変わっていきます。

 活性酸素の働きを抑えるのは酵素だけでなく、『抗酸化物質』も活性酸素から体を守ってくれます。
 抗酸化物質の力を利用し、活性酸素を取り除く事を『抗酸化作用』と言います。
抗酸化物質とは?
 抗酸化物質とは、酸化されやすい物質のことで、
活性酸素などによって私たちの体が酸化されるよりも優先的に酸化してくれます。

 抗酸化物質が身代わりとなり、酸化してくれることで、体を酸化から守ってくれるのです。

 細胞を錆びつかせ、老化を早める”活性酸素”から体を守るには、
活性酸素を除去する”抗酸化物質”を、普段から意識して摂る事が大切です!

最新のコラム